/products/detail.php

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力


このサイトは、サイバートラストのサーバ証 明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化さ れプライ バシーが守られています。
トップページ > 海産品 > 冷や汁【響】(2杯分×2袋)

冷や汁【響】(2杯分×2袋)

国際線の機内食にも選ばれた逸品

宮崎日向灘どれちりめんだし
みやざき冷や汁



そのままごはんにかけてもよし!
冷やしてごはんにかけてもよし!

きゅうり・豆腐・ねぎなどを混ぜ、かけて食べてもさらによし!

むかしながらの宮崎名物郷土料理です。

【冷や汁の由来】
宮崎県の代表的な郷土料理『冷や汁』の起源は鎌倉時代で、鎌倉管領家記録に「武家にては飯に汁かけ参らせ候(そろ)、僧侶にては冷汁をかけ参らせ候」と記されています。
僧侶によって全国に流布したのがほとんどすたれ、気候風土に適していたと思われる所にのみ残ったとされています。




【お召し上がり方】

≪用意するもの≫
●麦ごはん(白米でも可)
●きゅうり(薄く輪切り):少々
●大葉(緑色のしその葉):細切り少々
●ねぎ(小さく輪切り):少々
●豆腐:冷や汁1袋(160g)に対して4分の1丁

1.麦ご飯または、白ごはんを炊きあげます。
2.冷や汁を入れる容器を準備します。すり鉢などが雰囲気も出ておすすめです。
3.その容器に冷や汁を入れ、冷や汁1袋に対して4分の1丁の豆腐を手で握りつぶしながら入れます。
4.豆腐のかたまりが大きいようなら、すり棒などでつぶして全体に混ざるようにかき混ぜていきます。
5.新鮮なシャキシャキしたキュウリをうすく輪切りにして浮かべ、大葉の細切り、ねぎをお好みで入れて出来上がり。
6.炊きあがったあつあつの麦ごはんをお茶碗に8分目ほど盛り、出来た冷や汁を容器の下からすくうようにして、お茶碗に汁が見えるくらいまでたっぷりかけて、人の目を気にせず、かきこむように豪快に食べるとおいしいです。


【商品内容】2杯分×2袋(160g×2)


【原材料名】
みそ、果糖ぶどう糖液糖、いりこ、ごま、ちりめん、落花生、食塩、乳糖、砂糖、かつお節粉末、酒精、調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、酸味料、甘味料(甘草)、(原材料の一部に大豆を含む)


【保存方法】
直射日光、高温多湿を避けて保存してください。

商品名
冷や汁【響】(2杯分×2袋)
商品コード
tk0032
販売価格(税込)
648
配送方法
通常便 (常温)
メーカー
株式会社 響
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

お支払い方法・送料はお買い物ガイドをご覧下さい。